地球を守ろう!今日から家庭でできる温暖化対策

家計にも優しい

温暖化の影響が世界中で出ている今日ですが、一人一人が温暖化対策をすることによって、少しでも温暖化をストップすることが出来ます。人間による森林伐採の他、二酸化炭素などによる温室効果ガスの大量発生など理由は様々です。

 

その温暖化対策は自分の家庭でも出来るのです。クールビズというのを聞いたことはあると思いますが、ウォームビズというのもあるのです。暑い夏、冷房を使わないことが二酸化炭素を出さない一番の対策ですが、それでは熱中症になってしまいます。

 

また、窓を開けたり、扇風機を使えば冷房を使う必要はありませんが、風のない日などは窓を開けても意味がありませんし、扇風機は風が当たらない人には意味がありません。ではどうすればいいのでしょうか。なるべく冷房の設定温度を高くすることです。

 

そのためには、涼しい服装で生活することです。設定温度を一度上げることで、電気代が節約できるだけでなく、二酸化炭素の削除に貢献できます。これが皆さんも良く知っているクールビズというものです。

 

この逆がウォームビズなのです。なるべく暖かい格好をして生活をして、暖房をつけないようにしたりすることです。そして暖房をつける場合には、設定温度を夏とは逆に、低めにすることです。

 

暖房の場合は、冷房と違って、設定温度が一度変わるだけで、冷房の約1.5倍の二酸化炭素の削除が可能になるのです。簡単に誰でもが出来る温暖化対策ですので、是非明日から初めて下さい。

 

地球に優しいだけでなく、経済的にもメリットがあるので家計にも優しいのです。

緑のカーテン

夏はクーラーでお部屋をガンガンに冷やしていませんか?実はわたし達が使っているクーラーは二酸化炭素を排出しているのです。二酸化炭素は温室効果を持つガスです。温室効果を持つガスは二酸化炭素以外にも沢山あります。

 

メタンや亜酸化窒素など地球上には様々な温室効果ガスがあります。しかし、二酸化炭素が地球の温暖化の最大の原因とされているのです。そのため、私たちはできるだけ、この二酸化炭素の削減に協力していかないといけないのです。

 

クーラーをつけることが直接温暖化に繋がっているのです。だから世界中の人がクーラーをつけないで過ごすことができたら、温暖化が随分と緩和されてきます。しかし、暑い夏クーラーを使わないのは、生死に関わるほどの問題なのです。

 

クーラーの設定温度を一度上げたり、扇風機を使ったりして、温暖化対策をすることが出来ます。その中でも今話題となっているのが、緑のカーテンです。真夏の直射日光はかなり熱く、直射日光が当たった場所と、日陰では2度から3度も違う場合があります。

 

それを防ぐために緑のカーテンというのがあるのです。これは、アサガオやゴーヤなど蔓性の植物を育てて、ブラインドの代わりにするのです。既に区役所や病院でも実施しているところがありますし、一般家庭の多くでも実施されています。

 

ゴーヤなど食べることが出来る植物を育てれば、それを食材としても利用できるので、一石二鳥です。また、クーラーを一時間使わないことで、約9キログラムの二酸化炭素を約2ヶ月間で削除することができるのです。

 

太陽光一括見積お勧めサイト

 

太陽光発電ナビ | 太陽光発電システム一括見積り

太陽光発電一括見積り最安値を見つけませんか?

 

太陽光発電システム販売業者より最大5社の見積もりを一括でお届けいたします。
簡単手続きでわずか1分でお見積もりが依頼できます。

 

 

無料見積もりはこちらから

見積費用 対応エリア 評価
無料 全国 地球,家庭,温暖化,対策,緑のカーテン,家計,二酸化炭素